2019.3.14 17:30

【J試合情報】サガン鳥栖vsジュビロ磐田 第4節

【J試合情報】

サガン鳥栖vsジュビロ磐田 第4節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・鳥栖対磐田の通算10試合では、鳥栖が2勝3分5敗と負け越している。鳥栖にとって磐田は、J1で対戦した全チームの中で最も勝率の低い相手(20%)。

 ・鳥栖は磐田戦で現在6試合連続未勝利(2分4敗)。また、今カードでは現在3試合連続無得点に終わっている。

 ・鳥栖はクラブ史上初の開幕3連敗。開幕3試合連続無得点も初で、リーグワースト記録は1994年名古屋と、2014年の徳島が記録している4試合連続。

 ・鳥栖は昨季も含め、ホーム戦直近8試合で6勝を挙げている(2敗)。本拠地でのそれ以前の17試合で挙げた勝利数と同じ(6勝3分8敗)。

 ・磐田は名波浩が監督に就任して以降、アウェイでの鳥栖戦では3試合無敗(2勝1分)。同監督が敵地で3試合以上対戦した相手で無敗なのは鳥栖と仙台のみ。

 ・磐田は昨季も含め、アウェイ戦で現在12試合連続未勝利(7分5敗)。敵地での連続未勝利としては、2012年9月~2013年8月に記録した16試合連続に次いで、クラブ史上ワースト2位の記録。同地で勝利を挙げたのは、2018年5月5日の柏戦が最後(2-1)。

 ・フェルナンド・トーレスは今季リーグ最多のデュエル数(76)及び、デュエル勝利数(38)を記録している。

 ・アダイウトンは前節大分戦で、J1では2018年3月10日のFC東京戦以来、364日ぶりとなる得点を挙げた。同選手は今季、シュート数(7)と枠内シュート数(5)がチーム最多であり、敵陣ペナルティエリア内タッチ数はチームトップタイ(11)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta