2019.3.12 14:19

ネイマール、ムバッペ、アザール…ジダン復帰でレアルがねらうターゲットは?

ネイマール、ムバッペ、アザール…ジダン復帰でレアルがねらうターゲットは?

ネイマール、ムバッペ、アザール…ジダン復帰でレアルがねらうターゲットは?

ネイマール、ムバッペ、アザール…ジダン復帰でレアルがねらうターゲットは?【拡大】

 Rマドリードは11日、ジネディーヌ・ジダン氏が再び指揮官に就任すると電撃発表を行った。契約期間は2022年までとなり、クラブにチャンピオンズリーグ(CL)三連覇という偉業をもたらしたレジェンドが再び帰ってくることになった。

 今季はすでにCL、コパ・デル・レイで敗退し、リーガでは首位バルセロナに12ポイント差をつけられて3位に沈むレアル。タイトル獲得は来季以降が現実的となっており、王座奪還を目指すためにも来夏のマーケットでの補強に注目が集まっている。中でも、昨季限りでチームを去ったクリスティアーノ・ロナウドの後継者の獲得は急務である。

 そこで『Goal』グローバル版は、ジダン・マドリーがターゲットにする可能性のある10人を選出した。

 まず1人目は、パリサンジェルマン(PSG)FWネイマール。PSG移籍直後からスペインへの復帰話が騒がれているブラジル代表だが、先日「Rマドリードは誰もが魅了される。今はパリで幸せだし、移籍したいと言いたいわけではない。だがフットボールではなんだって起こり得る」と語っている。また、CL決勝トーナメント1回戦での大逆転敗退が、心情に変化をもたらす可能性もあるようだ。

 2人目の候補は、チェルシーFWエデン・アザール。ジダン、そしてレアルへのあこがれを何度も公言しているアザールが、最有力候補であるかもしれない。来季で終了するチェルシーとの現行契約を未だ更新しておらず、退団に傾いているとも伝えられている。しかし、FIFAから2度の移籍期間で補強禁止処分を受けたチェルシーが、簡単に放出することはないと見られている。

 3人目は、PSGのFWキリアン・ムバッペ。若干20歳にしてリーグ・アン50ゴール以上を奪うスター選手は、「このプロジェクトを信じている」と来季のPSG残留を示唆している。しかし、母国の英雄の存在がレアル移籍の後押しになる可能性があるという。フランスの一部では、ムバッペの父親がレアル幹部と接触しているとも伝えられている。

 その他、FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスターU)、FWハリー・ケイン、MFクリスティアン・エリクセン(以上トットナム)、FWマウロ・イカルディ(インテルミラノ)、FWモハメド・サラー(リバプール)、FWパウロ・ディバラ(ユベントス)、そしてC・ロナウドの復帰も可能性がゼロではないとしている。

 偉大なレジェンドが再び戻ってきたレアル。ジダンに補強の権限が与えられると伝えられる中、来夏のマーケットではどのような補強を行うのだろうか。(Goal.com)