2019.3.11 20:49

原口元気のゴール未遂に伊から同情の声「雪があざ笑う」

原口元気のゴール未遂に伊から同情の声「雪があざ笑う」

特集:
原口元気
原口元気のゴール未遂に伊から同情の声「雪があざ笑う」

原口元気のゴール未遂に伊から同情の声「雪があざ笑う」【拡大】

 ハノーバーに所属する日本代表MF原口元気の大雪の中でのプレーが10日、イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトでも注目され、取り上げられている。

 大雪の中、レーバークーゼン戦に先発出場した原口は33分、裏に抜け出し、キーパーもかわしてシュート。しかし、ボールは雪でゴールの直前でストップ。まさかの“アクシデント”で原口の今季初ゴールはお預けになった。原口はその後、51分にアシストを記録する活躍も見せたが、試合は3-2とレーバークーゼンの勝利に終わった。

 ディ・マルツィオ氏のサイトは、原口の“アクシデント”について、「雪の中のゴールのはずが…ハノーバーに不運。レーバークーゼン戦での信じられないエピソード」と伝えている。「絶え間なく雪片が舞い降りる中、真っ白に覆われたピッチで行われたレーバークーゼン戦だったが、文字通りゴールを阻止するほどだった」と驚きを隠せない。

 「ハラグチはボールをコントロールしてGKをかわし、ボールを預けた先は、(ゴールの中ではなく)ライン際だった。ハノーバーの選手に責任はほとんどなく、本当に不運だった。日本人選手の地を這うシュートは、重たい雪の表面でブレーキをかけられると、まるであざ笑うかのように、ちょうどそこで止まってしまった」

 また『コリエレ・デロ・スポルト』も原口の“ゴール未遂”を紹介。「ハラグチは雪に欺かれる。ハノーバーの日本人選手は、レーバークーゼン戦の酷いピッチコンディションによりゴールに嫌われた」と伝えている。(Goal.com)