2019.3.1 10:01(1/2ページ)

ベガルタ、打倒横浜Mは兵藤がキーマン!9年間在籍した古巣「誰よりも知っている男」

ベガルタ、打倒横浜Mは兵藤がキーマン!9年間在籍した古巣「誰よりも知っている男」

特集:
GO!ベガルタ仙台
古巣・横浜Mとの対戦に、活躍を誓った兵藤(中央)。攻守にベガルタを引っ張る(撮影・葉山理)

古巣・横浜Mとの対戦に、活躍を誓った兵藤(中央)。攻守にベガルタを引っ張る(撮影・葉山理)【拡大】

 サッカーJ1のベガルタ仙台は3月2日、アウェーで横浜Mと対戦する(13時、日産ス)。チームは28日、仙台市泉区の泉サッカー場で練習。冒頭15分のみ報道陣に公開し、以降は非公開とした。J1札幌から新加入のMF兵藤慎剛(33)は2008-16年の9年間、横浜Mに在籍。「誰よりもマリノスを知る男」が、ベガルタを今季初勝利へと導く。

 33歳の頼れるベテラン・兵藤が、今季公式戦初勝利へ決意を新たにした。

 「まず、目の前の相手に負けないことが大事。一人一人が球際でしっかりと戦って、当たり前のことを当たり前にやれば、結果はついてくる」

 J1通算316試合出場を誇る歴戦の猛者。抜群の存在感を放つ中盤の要は、開幕戦に続いてダブルボランチの一角での先発出場が有力だ。

 次戦の相手は横浜M。昨季、カップ戦で2勝1分けだったが、リーグ戦では2戦2敗。7月18日の対戦ではホームで2-8の記録的大敗(8失点はクラブワースト)を喫し、9月29日のアウェー戦でも2-5で惨敗。2試合で計13ゴールを決められ、徹底的にたたきのめされた。

 兵藤にとって横浜Mは、2008年にプロ入りした最初のチーム。16年まで9年間在籍し、主将も務めた。ベガルタの“天敵”となりつつある、かつての古巣との対戦。「誰よりもマリノスを知る男」が、雪辱のキーマンになる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ、打倒横浜Mは兵藤がキーマン!9年間在籍した古巣「誰よりも知っている男」