2019.2.22 19:55

熊本、ユニホームから「くまモン」消える 「政治的」で使用NG

熊本、ユニホームから「くまモン」消える 「政治的」で使用NG

サッカーJ3ロアッソ熊本の昨季(左)と今季のユニホーム。昨季は背中にくまモンのイラストが入っている(ロアッソ熊本提供)

サッカーJ3ロアッソ熊本の昨季(左)と今季のユニホーム。昨季は背中にくまモンのイラストが入っている(ロアッソ熊本提供)【拡大】

 サッカーJ3のロアッソ熊本のユニホームから今シーズン、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が姿を消した。国際サッカー評議会(IFAB)が規則を改正し、ユニホームに国や自治体など「政治的」なイメージのものが使えなくなったためという。

 改正された競技規則は用具に政治的なスローガンやイメージを使用できないと定め、「都道府県や市町村、地域または国家政府あるいはその部局、事務所または部署」は「政治的」に含まれるとしている。規則は、Jリーグなど国際サッカー連盟(FIFA)加盟の各国リーグに適用される。

 ロアッソの運営会社によると、チームは2014年からユニホームにくまモンのイラストを使用。19年も使う予定でJリーグの担当者と話し合ったが、「IFABの改正規則に抵触する可能性がある」として認められなかった。

 ロアッソの担当者は「愛着を持つ人が多いので残念だが、ルールなので仕方がない」と話した。

 ほかにもユニホームのデザインを変更したチームが複数あるといい、Jリーグは近く見解を発表する方針。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 熊本、ユニホームから「くまモン」消える 「政治的」で使用NG