2019.2.22 21:27

【試合結果】神戸、ビジャらスターそろい踏みも…C大阪の守り崩せず黒星発進

【試合結果】

神戸、ビジャらスターそろい踏みも…C大阪の守り崩せず黒星発進

前半、ゴールを狙う神戸・ビジャ=ヤンマースタジアム長居

前半、ゴールを狙う神戸・ビジャ=ヤンマースタジアム長居【拡大】

 明治安田J1第1節第1日(22日、C大阪1-0神戸、ヤンマー)C大阪がDF山下のヘディング弾で奪った1点を守りきり、開幕戦を制した。神戸は新加入の元スペイン代表FWビジャに加え、元スペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表FWポドルスキがそろい踏みしたが、C大阪の堅い守備を崩しきれなかった。

 C大阪のキックオフで試合開始。神戸は序盤から細かくパスをつなぎながらボールを支配する。ビジャは左サイドに開き、ポドルスキはやや右めの位置取り。イニエスタは偽9番的なポジショニングでチャンスをうかがう。

 前半17分、左サイドでボールを受けたビジャは一気に中央へ切り込むとバイタルエリア中央から右足を振り抜くが、GKに正面でキャッチされる。前半18分には敵陣半ばやや左からのFKをイニエスタがエリア右に浮き球を放り込むと、ポドルスキが頭で折り返すがDFにクリアされる。

 ポゼッションこそ遅れをとっていたC大阪だが、FW柿谷がDFの裏をつく飛び出しを見せたり、高い位置での積極的なプレッシャーからチャンスメイクを図る。

 神戸は前半37分、イニエスタの鋭いパスを左サイドで受けた初瀬がセンタリング。GKのパンチングでファーに流れたボールを西が落とすもポドルスキが詰められず得点を奪えなかった。0-0でハーフタイム。

 後半に入ってもボールを保持する神戸だが、5バック気味に守るC大阪をなかなか崩せない。後半11分には右サイド深い位置でパスを受けたポドルスキが、ドリブルでやや下がりながらバイタルエリア中央にパスし、これを受けたイニエスタが右サイドを駆け上がった西にパスを出す。折り返したボールはDFに跳ね返され、こぼれ球をポドルスキが左足でシュートを放つものの、ゴール上に外れる。

 ともにじっくりとしたパス回しからの攻撃を見せる両チームだが、最終ラインを突破できない。後半24分には味方DFのクリアを受けたイニエスタが、2人のマークを振り切って右サイドにパスを出すとこれに反応したポドルスキがこれを受けてドリブルで一気に攻め上がるが、DFに潰されてシュートに至らず。

 C大阪も後半なかば過ぎから都倉、ソウザが神戸ゴールを脅かすなど反攻を開始。後半32分、丸橋の右CKをニアの木本がGKと競り合い、流れたボールをファーに走り込んだ山下がヘディングシュート。ゴール右に突き刺さってC大阪が先制した。

 神戸は後半27分に古橋を投入したものの、カード2枚を温存したままタイムアップ。W杯優勝を経験したスター3人を擁しながら開幕戦を白星で飾ることができなかった。

試合結果へ

  • 敗れて肩を落とす神戸・イニエスタ=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 敗れて肩を落とす神戸イレブン=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う神戸・ポドルスキ=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 前半、パスを放つ神戸・イニエスタ=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 後半、ヘディングで先制ゴールを決めるC大阪・山下(23)=ヤンマー
  • 後半、ゴールを決めたC大阪・山下(左から2人め)=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 後半、競り合うC大阪・清武(手前右)と神戸・山口=ヤンマー
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【試合結果】神戸、ビジャらスターそろい踏みも…C大阪の守り崩せず黒星発進