2019.2.22 10:00(1/2ページ)

ベガルタ・渡辺監督、今季の目標明言「タイトル獲得とリーグトップ5入り」

ベガルタ・渡辺監督、今季の目標明言「タイトル獲得とリーグトップ5入り」

特集:
GO!ベガルタ仙台
気合の表情で練習に臨む渡辺監督。今季の目標を「タイトル獲得とリーグトップ5入り」に設定した (撮影・土谷創造)

気合の表情で練習に臨む渡辺監督。今季の目標を「タイトル獲得とリーグトップ5入り」に設定した (撮影・土谷創造)【拡大】

 サッカーJ1ベガルタ仙台は23日、浦和レッズとのリーグ開幕戦(14時、ユアスタ)を迎える。チームは21日、初戦の会場となる仙台市泉区の本拠地で練習を行い、冒頭15分のみ報道陣に公開し以降は非公開とした。渡辺晋監督(45)は、今季の目標を「タイトル獲得とリーグトップ5入り」に設定。就任6年目、勝負の年に集大成を披露する。

 間近に迫ったJ1開幕戦を前に、異例となる試合前々日の練習非公開。今季の目標を「タイトル獲得とリーグトップ5入り」と明言した渡辺監督は、新シーズンへ並々ならぬ覚悟を示した。

 「反骨心を示したい。クラブの経営規模(ベガルタはJ1で最下位クラス)などから『これくらいでいい』とは全く思わない。東北唯一のJ1クラブが、名だたるビッグクラブに立ち向かう姿を、この一年間しっかり見せたい」

 ベガルタの今季スローガンは『ReVolution』(変革)。指揮官はその言葉通り、チーム全体へ変化を促した。約1カ月にわたるキャンプでは、多くの新しい試みに取り組んだ。

 全体が連動したハイプレスの徹底、左ウイングバックだったDF永戸のセンターバックへのコンバート、ボランチやセンターバックによるサイド攻撃のサポート。練習試合などで主力組を固定せず、競争意識をあおって戦力の底上げを図った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ・渡辺監督、今季の目標明言「タイトル獲得とリーグトップ5入り」