2019.2.20 21:35

なでしこ・鮫島「一言では表せない心境」 Jヴィレッジ合宿に感慨

なでしこ・鮫島「一言では表せない心境」 Jヴィレッジ合宿に感慨

福島県のサッカー施設、Jヴィレッジで始まった「なでしこジャパン」の強化合宿で練習する鮫島彩(中央)ら

福島県のサッカー施設、Jヴィレッジで始まった「なでしこジャパン」の強化合宿で練習する鮫島彩(中央)ら【拡大】

 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の強化合宿が20日、福島県楢葉町、広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」で始まった。男女を通じ同施設をフル代表が利用するのは東日本大震災後初。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、緊急事態の収束や廃炉作業の拠点となっていたが、昨年7月に主要施設の営業を再開した。

 かつてJヴィレッジを本拠地としたプレナスなでしこリーグの東京電力マリーゼに所属した鮫島彩選手(31)=INAC神戸=は「ここに戻ってこられたのは、素直にうれしい」と率直な思いを口にした。震災後にマリーゼは活動を休止。鮫島選手は米国のクラブへ移籍した。代表合宿でもたびたび使った愛着ある施設に戻り「一言では表せない心境。またピッチでできてうれしいのもあるし、自分がいたチームはもうないので、さみしい気持ちもある」とかみしめるように語った。

 Jヴィレッジはことし4月に営業を全面再開する予定。

  • 米国遠征に向けた合宿で、体を動かす鮫島(右手前)らサッカー女子日本代表=福島県のJヴィレッジ
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. なでしこ・鮫島「一言では表せない心境」 Jヴィレッジ合宿に感慨