2019.2.19 21:50

広島、3年ぶりACL出場決定 PK戦を制する

広島、3年ぶりACL出場決定 PK戦を制する

前半、シュートを放つ広島・野津田=Eスタ

前半、シュートを放つ広島・野津田=Eスタ【拡大】

 アジア・チャンピオンズリーグ・プレーオフ(19日、広島0-0チェンライ=PK4-3、Eスタ)広島はPK戦でチェンライ(タイ)を下し、3年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)本大会出場を決めた。

 広島は前半、立ち上がりから積極的な攻撃を見せリズムを作ると、9分に相手DFがペナルティーエリアでハンドを犯しPKを獲得。しかし皆川のシュートは相手GKに阻まれた。その後も試合の主導権を握るも決定打に欠け、無得点のまま前半を終えた。

 後半も打開策が見つからない広島は、37分にパトリックを投入したが、守りの固いチェンライゴールを割ることが出来ず、試合は延長戦に突入。後半14分にパトリックがシュートを決めたが、オフサイドの判定でールならず決着はPK戦へもつれ込んだ。

 広島は3-3で迎えた5人目のキッカー松本泰が決め勝利を掴んだ。

試合結果へ

  • 前半、ゴール前で競り合う広島・川辺(左)=Eスタ
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 広島、3年ぶりACL出場決定 PK戦を制する