2019.2.18 18:51(1/4ページ)

川崎・馬渡、苦い経験を糧にJ3からJ1王者へ這い上がった男の新たな挑戦

川崎・馬渡、苦い経験を糧にJ3からJ1王者へ這い上がった男の新たな挑戦

川崎・馬渡、苦い経験を糧にJ3からJ1王者へ這い上がった男の新たな挑戦

川崎・馬渡、苦い経験を糧にJ3からJ1王者へ這い上がった男の新たな挑戦【拡大】

 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019が16日に埼玉スタジアムで行われ、2018年明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレが、天皇杯王者の浦和レッズを1-0で破り、今季初タイトルを獲得した。

 この試合で新加入の馬渡和彰が、70分にマギーニョと代わって出場。サンフレッチェ広島から完全移籍で加入しレフティが、新天地で公式戦デビューを飾った。左右のサイドバックをこなす27歳DFのプロキャリアの原点は、J3のガイナーレ鳥取だった。

 ■今でも忘れない“苦い経験”

 「めちゃくちゃ緊張しました。監督の言葉も耳に入らないぐらい」

 27歳にして自身初のタイトルを獲得。「初めてのタイトルなので非常にうれしく思っています」と喜ぶ反面、苦笑を交えながらそう話した。緊張の理由は、「今でも忘れない」という広島在籍時に経験した苦い思い出だ。やっとたどり着いたJ1の舞台での初出場は、昨季の第4節。ジュビロ磐田との一戦で80分からの出場だった。

 「初めて出たときに緊張し過ぎて相手のフォワード(小川航基)にバックパスしてしまって…。ラスト10分ぐらいで出て、そこから当分出番なかったですから」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 川崎・馬渡、苦い経験を糧にJ3からJ1王者へ這い上がった男の新たな挑戦