2019.2.14 19:57

ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり/欧州CL

ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり/欧州CL

ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり/欧州CL

ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり/欧州CL【拡大】

 パリサンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョスが、マンチェスターU戦を振り返った。

 PSGは、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントのラウンド16でマンチェスター・Uと対戦し、敵地で2-0と先勝した。本職がセンターバックのマルキーニョスだが、この試合ではセントラルMFとしてMFマルコ・ヴェッラッティとコンビを形成。試合では、相手のキーマンと言える好調のMFポール・ポグバに厳しいマークを敢行し、多くの仕事をさせなかった。

 マン・オブ・ザ・マッチ級のパフォーマンスを見せたマルキーニョスは試合後、「僕はこの試合、監督から重要な任務を託されていた」と、自身がポグバを抑え込むことがチームの浮沈のカギを握る“ミッション”だとトーマス・トゥヘル監督から伝えられていたことを明かした。

 「ポグバは自分に確固たる自信を持っている選手だ。僕は常に彼を警戒し、注視し続けていた。彼はここ最近の試合で多くのゴールとアシストを記録しており、素晴らしいパフォーマンスを見せ続けていたからね。僕たちは、マンチェスター・Uが常に彼を経由することを知っていたんだ。僕は相手の攻撃の起点となる部分を潰すことに集中した」

 チームメイトから最近、往年の名選手であるフランツ・ベッケンバウアーにちなんで“カイザー(皇帝)”と呼ばれているというマルキーニョス。セントラルMFという新たな役割を任せられていることについて、「監督は僕をすごく信頼してくれる。彼は僕が見えていなかったことを見せてくれるんだ。どんどん成長していることを実感している」と、トゥヘル監督に感謝していた。

 なお、3月6日にホームで行われるセカンドレグでは、ファーストレグで2枚のイエローカードを受けたポグバは出場停止となる。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり/欧州CL