2019.2.14 12:48

浦和・橋岡が東京五輪出場へ意欲、池江にエール「いっしょに出られればいい」

浦和・橋岡が東京五輪出場へ意欲、池江にエール「いっしょに出られればいい」

 サッカーJ1浦和のU-21(21歳以下)日本代表DF橋岡大樹(19)が14日、さいたま市内の練習場で、2020年東京五輪出場への意欲を見せた。

 「東京五輪は注目される大会だし、自分もそのピッチに立ちたい。まだ時間があると思ってはいけない」

 ルーキーだった昨季、右ウイングバックのレギュラーをつかみ、年代別代表にも選出された期待の2年目が、勝負の年での飛躍を誓った。

 同じく東京五輪出場を目指す競泳女子の池江璃花子(18)は1学年下で、病魔に倒れた後輩を気遣った。「病気のことは何とも言えないけど、同じアスリートとして応援したい。東京五輪にいっしょに出られればいいですね」とエールを送った。

 この日は、ミニゲームなどで約1時間、汗を流し、練習後にはファンからバレンタインデーのお菓子をプレゼントされてニッコリ。「川崎は調子がいいと聞いているが、富士ゼロックス・スーパー杯(対川崎、埼玉スタジアム)は絶対に勝ちたい」と、16日に行われる今季初の公式戦へ意気込んだ。(宇賀神隆)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和・橋岡が東京五輪出場へ意欲、池江にエール「いっしょに出られればいい」