2019.2.14 10:01(1/2ページ)

“ベガルタの新大砲”長沢、紅白戦で2発!1トップ争い頭一つリード

“ベガルタの新大砲”長沢、紅白戦で2発!1トップ争い頭一つリード

特集:
GO!ベガルタ仙台
紅白戦で2ゴールを挙げた長沢(ビブスの4番)。開幕スタメンへ一歩前進した (撮影・葉山理)

紅白戦で2ゴールを挙げた長沢(ビブスの4番)。開幕スタメンへ一歩前進した (撮影・葉山理)【拡大】

 サッカーJ1ベガルタ仙台は13日、宮崎県宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場での3次キャンプで、約2時間の練習を行った。期待の新戦力、J1・G大阪から完全移籍したFW長沢駿(30)が紅白戦で爆発。192センチの長身を生かしたヘディングシュートで2ゴールを奪い、首脳陣へ猛アピール。開幕スタメンへ一歩前進した。

 気温7度。雨がぱらつく宮崎で、“ベガルタの新大砲”が火を噴いた。チーム待望のハイタワー、長沢が得意のヘディングで紅白戦2得点。高さを見せつけた。

 「得意な形でゴールが取れた。これを継続して、試合でもやっていけるようにしたい」

 主力組の1トップに入った1本目。右サイドからのクロスにファーサイドで待ち構え、頭で押し込んだ。サブ組だった2本目でも、同じ形から打点の高いヘディングをねじ込んだ。

 「1本目の最初はミスが多く、なかなかうまくいかなかったが、疲れて力が抜けていたときにいいプレーができた」と笑顔。巧みなポストプレーや裏への飛び出しも見せ、連係面も上々だ。

 「かなりチームになれてきた。味方がボールを持ったときに自分を見てくれるし、ポストプレーでも顔を出してくれるようになった。もっと良くなっていくと思う」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. “ベガルタの新大砲”長沢、紅白戦で2発!1トップ争い頭一つリード