2019.2.14 12:49(1/5ページ)

35歳にしてキャリアハイ フランクフルトでの「長谷部誠」という存在の大きさ

35歳にしてキャリアハイ フランクフルトでの「長谷部誠」という存在の大きさ

特集:
長谷部誠
35歳にしてキャリアハイ フランクフルトでの「長谷部誠」という存在の大きさ

35歳にしてキャリアハイ フランクフルトでの「長谷部誠」という存在の大きさ【拡大】

 フランクフルトの中心に、日本の長谷部誠がいる。

 2018-19シーズンのドイツ・ブンデスリーガで現在首位を走るのは今季からリュシアン・ファーヴル監督が率いるドルトムント。続いてリーガ6連覇中のBミュンヘンが勝ち点5差で続いている。ただドルトムントは直近のフランクフルト戦、ホッフェンハイム戦で連続ドローに終わり、上位争いは3位のボルシア・メンヘングラードバッハ、4位のライプツィヒ、そして現在5位のフランクフルトも虎視眈々とランクアップを狙っている。

 フランクフルトは昨季までチームを率いたニコ・コバチ監督がバイエルンの指揮官へと引き抜かれたことでオーストリア人のアディ・ヒュッター監督に後任を託した。そのヒュッター監督はシーズン開幕前のキャンプや公式戦初戦となったDFBポカール、そしてブンデスリーガの序盤戦で4バックシステムを採用したが結果を残せず、結局現在は昨季までコバチ監督が用いていた3-4-1-2の布陣を採用している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 35歳にしてキャリアハイ フランクフルトでの「長谷部誠」という存在の大きさ