2019.2.13 19:32(1/5ページ)

名将の系譜受け継ぐソラーリという男 泥にまみれたRマドリードを復活させたその先に見えるもの

名将の系譜受け継ぐソラーリという男 泥にまみれたRマドリードを復活させたその先に見えるもの

 2月9日、Rマドリードは昨季にこけら落としを迎えたアトレティコ・デ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノを初めて征服した(リーガ第23節、3-1)。アトレティコにとっては、ワンダでの今季初敗戦。ディエゴ・シメオネを絶対的に信奉する観客が、試合終了のホイッスルを待たずにぞろぞろと帰路につく光景など、滅多に見れるものではない。今季、そうした光景をここまで目にしてきたのは、アトレティコのサポーターと違い、苦しいときにチームに寄り添うことをせず、不満があれば耳をつんざく指笛を吹くRマドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウだった。

 しかしこのダービーで、歓喜と失望は入れ代わった。

 もし試合の舞台がベルナベウであったなら、観客は万全の勝利を手にした我がチームをどれほど誇ったのだろうか。ワンダの芝生に立っていたRマドリードの面々は、マドリディスタス(Rマドリードのサポーター)が愛し、大きく胸を張る巨人たちだった。スペインのスポーツ紙『マルカ』と『アス』は、ダービー翌日の1面でそれぞれ「マドリーが帰ってきた」「マドリーが空を飛ぶ」との見出しを打っていた。

 ■デル・ボスケ&ジダンの後を追うソラーリ

 Rマドリードの顔つきを変えたのは、解任されたジュレン・ロペテギに代わり、Bチーム指揮官から内部昇格でトップチームを率いたサンティアゴ・ソラーリである。彼はリーガ1部を率いた経験もなく、Bチーム昇格からチャンピオンズリーグ(CL)優勝などを達成したビセンテ・デル・ボスケ、ジネディーヌ・ジダンの系譜に名を連ねる存在なのかもしれない。ただし、このアルゼンチン人の振る舞いは、スペイン人ともアルジェリアにルーツを持つフランス人ともまた違う。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 名将の系譜受け継ぐソラーリという男 泥にまみれたRマドリードを復活させたその先に見えるもの