2019.2.13 16:15

“マスク”パフォでリーダーとしての風格を見せたC・ロナウドにディバラも感謝

“マスク”パフォでリーダーとしての風格を見せたC・ロナウドにディバラも感謝

“マスク”パフォでリーダーとしての風格を見せたC・ロナウドにディバラも感謝

“マスク”パフォでリーダーとしての風格を見せたC・ロナウドにディバラも感謝【拡大】

 ユベントスに所属するFWパウロ・ディバラは、自身にゴールを捧げてくれたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対し、インスタグラムで感謝の意を示した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が11日、伝えている。

 ディバラは2015年夏にユベントスに加入すると、昨シーズンまで3シーズン連続で2ケタ得点を記録してきた。しかし今シーズンはC・ロナウド加入のあおりを受け、出場機会は減少。リーグ戦での得点はわずか2ゴールにとどまっている。2日のパルマ戦(3-3)では出場機会は訪れず、試合終了を待たずに、仏頂面でロッカールームへと引き上げる姿が見られた。ユベントスの10番として相応しからぬ態度を見せたディバラに対し、指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリは、「パウロはバカなことをした」と非難。それでも本人から謝罪があったことを明かし、「この件はこれで終わった」と説明していた。

 しかし翌週のサッスオーロ戦(3-0でユベントスが勝利)では、技術的な理由によりディバラのベンチスタートが決定。するとC・ロナウドは25歳FWの心境を察してか、70分にチームの2点目を決めた際、ディバラのパフォーマンスである“ディバラ・マスク”を演じてゴールを捧げ、リーダー的な心遣いを見せた。このゴールにより、13シーズン連続となる公式戦20ゴールの偉業を達成したポルトガル人スターだが、ゴールだけでなく、すでにメンタル面においてもチームの支柱として仲間をけん引している。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. “マスク”パフォでリーダーとしての風格を見せたC・ロナウドにディバラも感謝