2019.2.13 20:06

日本協会、大迫派遣拒否のブレーメンと話し合いを行う方針

日本協会、大迫派遣拒否のブレーメンと話し合いを行う方針

特集:
アジアカップ2019

 ドイツ1部リーグのブレーメンが12日、所属するFW大迫勇也(28)について「日本代表が招待参加する6月開幕の南米選手権(ブラジル)への派遣拒否の考えを日本協会に伝えた」と発表したことに関して、日本サッカー協会の関係者は13日、「(レターは)確認できた」と明かした。

 内容は「大迫はW杯、アジア杯と休みなく活動しているので、休みが必要。6月の南米選手権はFIFA(国際連盟)のカレンダーに入っていない。クラブの派遣義務はないので、現段階では派遣する予定はない」という説明のものだったという。

 協会側は、今後はブレーメンと話し合いを行っていく方針。アジア杯は6月に開幕し、日本はウルグアイ、チリ、エクアドルと同じC組で1次リーグを戦う。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本協会、大迫派遣拒否のブレーメンと話し合いを行う方針