2019.2.12 19:34

W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳

W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳

W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳

W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳【拡大】

 イングランド代表のレジェンドであるゴードン・バンクス氏が死去した。81歳だった。同選手が現役時代に所属していたストーク・シティが発表している。

 バンクス氏は現役時代、チェスターフィールドやレスター・シティ、ストーク・シティなどでプレー。イングランド代表として73キャップを記録した。母国開催となった1966年のFIFAワールドカップでは、正守護神として全6試合でゴールマウスを守り、4試合連続クリーンシートを記録。イングランド代表のW杯初優勝に大きく貢献した。個人としても、1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選出されていた。

 ストーク・シティは「ゴードンが他界したことを伝えるのは大きな悲しみです。我々は打ちのめされていますが、多くの幸せな思い出があります。彼のことを非常に誇りに思っています。また、家族のプライバシーが尊重されることを望んでいます」と、レジェンドの死を悼んだ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳