2019.2.11 20:58

長谷部、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価 平均点ランキングでは驚異の2位に

長谷部、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価 平均点ランキングでは驚異の2位に

特集:
長谷部誠
長谷部、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価 平均点ランキングでは驚異の2位に

長谷部、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価 平均点ランキングでは驚異の2位に【拡大】

 フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は9日に行われたブンデスリーガ第21節のRBライプツィヒ戦(0-0)にフル出場。この試合でのプレーに最高タイの点数を与えたドイツ誌『キッカー』では、同選手は平均点ランキングで2位に浮上した。

 今月2日の前節ドルトムント戦(1-1)での長谷部のパフォーマンスもチーム単独トップの「2」と高く評価していた『キッカー』だが、ライプツィヒ戦でのリベロのプレーも「2」と称賛。今回は3バックの右側でプレーし、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、第21節ベスト11にも選出されているオーストリア代表DFマルティン・ヒンターエッガーと並ぶ形でチーム最高タイの評価を得ることになった。

 これにより、同誌での今シーズンの長谷部に対する平均点は「2.70」に上がり、全フィールドプレーヤーを対象とする平均点ランキングでは4位タイから2位に浮上。レーバークーゼンMFカリム・ベララビ(「2.59」)が首位を走るこのランキングで、ドルトムントMFマルコ・ロイス(「2.71」)やMFジェイドン・サンチョ(「2.76」)、BミュンヘンMFチアゴ・アルカンタラ(「2.79」)を3~5位に抑えている。

 また選手たちのプレーを採点しない地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』だが、ライプツィヒ戦でのフランクフルトのベストプレーヤーは長谷部と評価。以下のような寸評を掲載した。

 「もはや絶賛の言葉すら足りなくなってきた。彼はまたも傑出したパフォーマンスを見せた。ゲームを一冊の大きな本のように読み、常に正しい位置に立ち、非常に危険な場面も余裕に解決する。重労働をこなしているにも関わらず、とてもエレガントにプレー。信じられないほどシンプルなことであるかのように見せる。フランクフルトチームでは最多のボールタッチ(83)を記録。一度だけ不安なプレーをしたが、自ら取り返した」

 先月35歳の誕生日を迎えた長谷部。プロ選手として決して若くない年齢で、ここまで絶対的な存在感を発揮し続ける選手は過去に存在したのだろうか。

 (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 長谷部、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価 平均点ランキングでは驚異の2位に