2019.2.4 22:45(1/2ページ)

“歴史がない”と揶揄されたカタール アジア杯優勝で2022年W杯ホスト国の実力を証明

“歴史がない”と揶揄されたカタール アジア杯優勝で2022年W杯ホスト国の実力を証明

特集:
アジアカップ2019
“歴史がない”と揶揄されたカタール アジア杯優勝で2022年W杯ホスト国の実力を証明

“歴史がない”と揶揄されたカタール アジア杯優勝で2022年W杯ホスト国の実力を証明【拡大】

 アジアカップ2019の決勝が1日に行われ、カタール代表が日本代表に3-1で勝利し、史上初の優勝を成し遂げた。過去4強にすら勝ち進めなかったカタールが、なぜアジアの頂点に立つことができたのか。大会期間中にカタールを継続して取材していた『Goal』インド版のラフール・バリ記者は、同国の躍進に至った理由を分析した。

 ■育成強化から始まったカタールの強さ

 フットボールの歴史がない--。W杯の長い歴史において史上初の中東開催となった2022年。ホスト国となったカタールに対しては開催決定当初よりそんな批判にさらされた。

 カタールW杯の大会組織委員会は、ドーハで同国の歴史を展示する催しを開催していた。展示場では、中東諸国におけるスポーツの歴史が始まった時期から、2022年のW杯に向けてカタールが準備を進めるところまで、サッカーを通じて中東やカタールの歴史を紹介。「歴史がない」という一部批判が誤りであることを強調していた。

 しかし、アジア王者となったいま、その批判はもはや過去のこと。カタールは堂々とW杯に向けてまい進することができる。

 その強さの根源は、国が掲げる壮大なプロジェクトにあった。育成年代では、世界基準のトレーニング施設を完備するなど、国をあげて代表チームに投資を続けている。その結果の表れとも言えるのが、大会史上最多の9ゴールを挙げて得点王に輝き、MVPのダブル受賞を果たしたアルモエズ・アリを筆頭としたカタールサッカー協会(QFA)の育成機関(アスパイア・アカデミー)出身プレーヤーの飛躍だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. “歴史がない”と揶揄されたカタール アジア杯優勝で2022年W杯ホスト国の実力を証明