2019.2.2 17:57

大迫不発で悔しさあらわ 優勝導けず、ペットボトル蹴り上げる/アジア杯

大迫不発で悔しさあらわ 優勝導けず、ペットボトル蹴り上げる/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
前半、パスをつなぐ大迫=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、パスをつなぐ大迫=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・アジア杯決勝(1日、日本1-3カタール、アブダビ)大迫は試合が終わると悔しさをあらわにペットボトルを蹴り上げた。今大会は右臀部痛に悩まされて4試合の出場にとどまったが、1次リーグ初戦と準決勝で2点ずつを挙げて存在感は十分に示した。それでも決勝でチームを優勝に導くゴールは奪えなかった。

 長谷部(アイントラハト・フランクフルト)や本田(メルボルン・ビクトリー)がいなくなった日本代表で臨んだ初の公式大会。「上の世代が抜けて年齢的にも立場的にも引っ張っていかなきゃいけないというのは分かっているつもり。優勝できなかったのは、すごく責任がある」と歯がゆそうだった。(共同)

試合結果へ

  • 前半、大迫(右)に指示を出す森保監督=アブダビ(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 大迫不発で悔しさあらわ 優勝導けず、ペットボトル蹴り上げる/アジア杯