2019.2.2 01:03

吉田麻也、守備崩壊を反省「前半2失点したことが勝敗を分けた」/アジア杯

吉田麻也、守備崩壊を反省「前半2失点したことが勝敗を分けた」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
吉田麻也
後半、VARでハンドをとられる吉田=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)

後半、VARでハンドをとられる吉田=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・アジア杯決勝(1日、日本1-3カタール、アブダビ)国際連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同93位のカタールに1-3で完敗。アジア杯最多となる5度目の優勝を逃し、森保一監督(50)は就任12戦目で初黒星を喫した。

 後半38分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でハンドを取られ、3点目となるPKを献上した吉田麻也(30)=サウサンプトン=は、「相手は中2日にもかかわらず、いい準備をしてきた。前半2失点したことが勝敗を分けた。前半に受け身になったことが尾を引いた」と反省。「まだまだ足りないことがある。チームとしても一瞬の隙を突かれてしまった。この負けから、僕自身も学んでいかなければいけない。隙を見せない準備をしていかなければならない」と巻き返しを誓っていた。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 吉田麻也、守備崩壊を反省「前半2失点したことが勝敗を分けた」/アジア杯