2019.2.1 00:54(1/2ページ)

カタールに激震?UAEが帰化選手の出場資格に異議申し立て 証拠次第ではアジア杯決勝が没収も

カタールに激震?UAEが帰化選手の出場資格に異議申し立て 証拠次第ではアジア杯決勝が没収も

特集:
アジアカップ2019
カタールに激震?UAEが帰化選手の出場資格に異議申し立て 証拠次第ではアジア杯決勝が没収も

カタールに激震?UAEが帰化選手の出場資格に異議申し立て 証拠次第ではアジア杯決勝が没収も【拡大】

 UAEサッカー協会(UAE FA)が、カタール代表の帰化選手2名の出場資格について、アジアサッカー連盟(AFC)へ正式に異議申し立てを行ったようだ。UAEの現地メディアが一斉に報じている。

 開催国のUAE代表は29日に行われたアジアカップ2019準決勝でカタールに0-4と大敗。ベスト4で大会を去ることになった。敗戦のあとUAE FAは、カタールのFWアルモエズ・アリ、DFバサム・アルラウィの2選手が、同大会への出場資格を満たしていないことを指摘。AFCへ異議を申し立てる運びとなった。

 アリはスーダン出身の22歳、アルラウィはイラク出身の21歳で、UAE紙『ザ・ナショナル』によると、「UAE FAはFIFAの第7条にあたる『選手が国籍を変えて代表戦に出場する場合、選手本人が18歳以降に国籍を変更後の国で最低5年の継続した居住歴を保つ必要がある』部分に抵触すると主張している」とし、「同協会は、29日の試合終了から2時間以内に、AFCへ上訴し、証拠を提示するために48時間与えられた」と報じた。

 さらに同紙は「2選手のどちらも母親がカタールで生まれたと主張しているが、UAE FAはアルラウィの母親がイラクのバグダッドで生まれたことを証明する文書を持っていると主張。その証拠を31日にAFC懲戒委員会へ提出する」と伝えており、UAE FAの証拠次第では、異議申し立てが認められることも示唆した。

 続けて同紙は、この問題が事実であるならば「AFCの懲戒規定および倫理規定により、資格のない選手を迎えた場合の制裁は、試合を失うこととなり、罰金も科される」とし、「トーナメント後に不正が発見された場合、AFCは将来的にカタールを競技チームから除外する権限も有している」と伝えている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. カタールに激震?UAEが帰化選手の出場資格に異議申し立て 証拠次第ではアジア杯決勝が没収も