2019.1.29 21:48

鳥栖、権田のポルティモネンセ移籍を発表「2年間本当にありがとうございました」

鳥栖、権田のポルティモネンセ移籍を発表「2年間本当にありがとうございました」

特集:
権田修一
アジアカップ2019
鳥栖、権田のポルティモネンセ移籍を発表「2年間本当にありがとうございました」

鳥栖、権田のポルティモネンセ移籍を発表「2年間本当にありがとうございました」【拡大】

 サガン鳥栖は29日、日本代表GK権田修一がポルトガル1部のポルティモネンセに完全移籍することを発表した。

 2009年にFC東京でデビューした権田は、2012年のロンドン五輪で正GKとして日本の4強入りに貢献。2016年1月にはオーストリアのホルンにレンタル移籍した。その後、2017年には、フリーとなった後にサガン鳥栖に加入し、Jリーグ復帰を果たした。鳥栖ではレギュラーとして活躍し、2018シーズンはリーグ全試合にフル出場。現在は日本代表としてアジアカップに参戦しており、準決勝まで5試合に出場している。

 権田の新天地となるポルティモネンセは、同じく日本代表のMF中島翔哉が在籍している。ポルトガルリーグではここまでの18試合で8勝3分7敗の成績を残し、8位に位置。チームは今シーズン、権田と同じ29歳のポルトガル人GKリカルド・フェレイラが守護神を務めている。

 移籍にあたり権田はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

 「サガン鳥栖ファン、サポーターのみなさん。ポルトガルのポルティモネンセSCに移籍する事になりました。サガン鳥栖での2年間、皆さんには常勝という最高のファンサービスはできませんでした。それでもみなさんが最高の応援をしてくれた事、本当に感謝しています。

 サガン鳥栖は地方クラブです!その事実は一生変わりません。街の人口が少なくても1人1人が心の底から声を出し、サガン鳥栖を愛する気持ちを持てば密度の濃い強い砂岩ができあがると思います。これからも皆さんがサガン鳥栖を支えていって下さい。2年間本当にありがとうございました」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 鳥栖、権田のポルティモネンセ移籍を発表「2年間本当にありがとうございました」