2019.1.29 01:04(1/2ページ)

ドルト幹部が語る、香川真司の状況とクラブ側の視点「絶対に追い払わないが…」

ドルト幹部が語る、香川真司の状況とクラブ側の視点「絶対に追い払わないが…」

特集:
香川真司
ドルト幹部が語る、香川真司の状況とクラブ側の視点「絶対に追い払わないが…」

ドルト幹部が語る、香川真司の状況とクラブ側の視点「絶対に追い払わないが…」【拡大】

 ドルトムントOBの元ドイツ代表MFセバスティアン・ケール氏はドイツ『シュポルト1』のトーク番組『ドッペルパス』に出演し、日本代表MF香川真司の状況について「心を痛めている」と話している。

 2002年1月にドルトムントに加わり、2014-15シーズンを最後に現役生活に終止符を打ったケール氏は、昨年6月に同クラブのプロ部門のディレクターに就任。2008-09以降、当時指揮を執っていたユルゲン・クロップ監督の下で主将を務め、香川とは2010-11シーズンにはリーグタイトル、2011-12には2冠を経験した。

 そんなケール氏だが、トーク番組では昨夏に就任したルシアン・ファーヴル監督の下で出場機会に恵まれず、スペイン行き志願を明かした香川の状況についても言及。自身が主将としてけん引したチームで同僚だった同選手について「個人的に難しい話。シンジと一緒にプレーしたし、彼は我々の優勝メンバーの1人だからね。正直心を痛めていることを認めなければいけない」と心境を語ると、次のように続けた。

 「だが、チームを決めるのは監督。そして、マルコ(・ロイス)がその位置でプレーしているし、マキシミリアン・フィリップも10番でプレーすることを可能とする。攻撃陣にはたくさんの選択肢がある。今現在、監督にはシンジに提供する場所がない。それが現状だからね」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ドルト幹部が語る、香川真司の状況とクラブ側の視点「絶対に追い払わないが…」