2019.1.28 11:34

鎌田大地、植田との日本人対決制すも「ベルギーに来てからかなり難しい試合の一つだった」

鎌田大地、植田との日本人対決制すも「ベルギーに来てからかなり難しい試合の一つだった」

特集:
植田直通
鎌田大地

 シント=トロイデンのFW鎌田大地は、チームのリーグ戦6試合ぶりの白星にホッと胸をなでおろした。

 シント=トロイデンは26日、ジュピラーリーグ第23節でセルクル・ブルージュと対戦。鎌田は先発し、ブルージュDF植田直通もスタメン入りしたことで日本人対決が実現しいる。試合はホームのセルクル・ブルージュが先手を取りながらも、シント=トロイデンが逆転で勝利を収めた。

 2ゴールの起点となった鎌田は「チームとしてPO1に出ることが目標ですし、勝ち点3を積み重ねることが一番重要だと思っています」と勝利を喜びつつ、試合を振り返った。

 「今日は5-4-1のような感じで、僕は高い位置をとって得点できそうなシーンもありましたが、あまり良い形でボールを受けられなかったというか、真ん中であれだけプレッシャーがかかる状況の中で、難しいボールの受け方、当てられ方が多かったと思います。今日は、僕自身にとってベルギーリーグに来てから、かなり難しい試合の一つでした」

 「ピッチに立った時の見え方、感覚が違ったし、ボールを蹴る、触る感覚もいつもと違うものを感じた。個人的に良くなかったし、難しかったですね」

 続けて「こういう試合もシーズン通してあるのかなと思います」と自らに切り替えを促した鎌田。勝利を手にしたものの、自身としては難しい一戦となったようだ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 鎌田大地、植田との日本人対決制すも「ベルギーに来てからかなり難しい試合の一つだった」