2019.1.22 13:43(1/2ページ)

柴崎岳、サウジに苦戦も結果が出たことに満足「意識を統一して戦えたことは収穫」/アジア杯

柴崎岳、サウジに苦戦も結果が出たことに満足「意識を統一して戦えたことは収穫」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
柴崎岳
柴崎岳、サウジに苦戦も結果が出たことに満足「意識を統一して戦えたことは収穫」/アジア杯

柴崎岳、サウジに苦戦も結果が出たことに満足「意識を統一して戦えたことは収穫」/アジア杯【拡大】

 日本代表MF柴崎岳は、21日に行われた1-0で勝利したアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦について「結果が出たことは満足ですし、勝つために徹したという感じですかね」と試合を振り返った。

 サウジアラビア代表に77%のポゼッションを許した日本代表。守備を強いられる時間帯が長かったことについて問われた柴崎だが、想定内だったと話した。「試合前からテクニック的に彼らが優れていることはわかっていました。ボールを握られる時間帯が多い展開も予想できたので、意識を統一できた中で戦えたかなと思います。チームとしての戦い方はブレていなかったと思いますし、1人がはみ出しているようなシーンはなかったです。チームで試合を通して意識を統一できたことは収穫だったと思います」

 「彼らは中央突破が非常に魅力的なところがあるので、僕と(遠藤)航のところがしっかりと中を締める、中でプレーさせないようにと考えていました。クロスは試合を通してそんなに怖くなかったので、なるべく中をやられないようにというのは心がけていました。アグレッシブに前から行くところは行きたかったですけれど、1点取りましたし、ある程度、守備的になってもしょうがないかなというところはあったので、仕方ない部分もあったと思います」

 インサイドハーフでの遠藤との連携についても「航とは上手く連携できたと思いますし、お互い声を掛け合いながら試合ごとに連携は良くなっている気はします」と手ごたえを感じたようだ。

 また、柴崎は自らがアシストしたCKからの冨安健洋の得点シーンについても言及した。「彼らはそんなに大きくなかったですし、自分の想定していた展開ではセットプレーで点が取れれば非常に楽になるかなと思っていました。練習もしていましたし、練習の成果が出たんじゃないかと思います。誰が入って来るかは彼ら(中の選手)が決めることなので、狙ったところに蹴ることができたのは間違いないですね」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 柴崎岳、サウジに苦戦も結果が出たことに満足「意識を統一して戦えたことは収穫」/アジア杯