2019.1.21 23:38

「練習どおり」冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ

「練習どおり」冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ

特集:
アジアカップ2019
冨安健洋
「練習どおり」冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ

「練習どおり」冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ【拡大】

 グループステージを3戦全勝で首位通過した日本代表は21日、AFCアジアカップ2019(UAE)ラウンド16をサウジアラビアと戦い、1-0の勝利を収めて準々決勝進出を決めた。

 森保監督は、主力を温存したグループステージ第3節のウズベキスタン戦から先発10名を変更し、この試合に臨んだ。試合が動いたのは20分、柴崎岳の左CKに冨安健洋が正面でヘディングで合わせると打点の高いシュートが決まり、日本が先制。その後、一進一退の攻防となるが、無失点に抑え1点のリードで前半を折り返す。

 後半に入り、暑さからか選手の足が止まり始める。相手に押し込まれ消耗戦となる中、日本は得点を許さず、セットプレーで得た1点を守り切り、準々決勝進出を決めた。

 ボランチで先発した柴崎岳は試合後、「後半は厳しい中で勝ち切った。結果が出たことが一番。流れが良くなかったなかで、セットプレー1本で得点できて良かった」と振り返る。

 また、冨安の先制点を演出したCKは、「狙ったポイント通りだった。(中に)入るほうもキッカーも練習どおり」と準備してきたことを明かした。相手に押し込まれた試合展開については「コンパクトにして外に外に相手を追いやって最後のところをやらせないようにした」と慌てず対処できたと振り返る。

 「公式戦でサウジのような難しい相手に結果を出して失点せずに勝てた。チームとして成長できたと思う。(次はベトナムだが)どんな相手が来てもしっかり準備したい」

 サウジアラビアを下した日本は、中2日の24日、ベトナム代表と準々決勝を戦う。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 「練習どおり」冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ