2019.1.21 21:51

【試合結果】日本代表、サウジの猛攻しのぎ8強!冨安のゴールを守り切る/アジア杯

【試合結果】

日本代表、サウジの猛攻しのぎ8強!冨安のゴールを守り切る/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
前半、先制のゴールを決める冨安健洋=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、先制のゴールを決める冨安健洋=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・アジア杯決勝トーナメント1回戦(21日、日本1-0サウジアラビア、シャルジャ)1次リーグF組で3連勝し、1位で通過した日本(FIFAランク50位)がE組2位のサウジアラビア(同69位)を1-0で下した。日本は前半20分に富安がヘディングシュートを決めて先制。その後もサウジアラビアの積極的な攻めをかわした。日本は24日に行われる準々決勝でベトナム(同100位)と対戦する。

 サウジアラビアのキックオフで試合開始。直後にDFアルファティルがヘディングシュートを放つなど、序盤はサウジアラビアが高い位置でボールを運ぶ場面が目立つ。日本も7分に左サイドから原口のクロスをニアの南野がつなぎ、ペナルティースポット付近の堂安がシュートを狙ったがミートしなかった。

 12分には左サイドから崩されかけた日本だが、相手MFアルビシのシュートを吉田が体を張ってブロック。押され気味の展開の中で思うようにチャンスが作れなかった日本だったが20分、柴崎の左CKをファーの冨安が頭で押し込んで先制した。

 リードを奪った日本だが、前線から積極的にプレスをかけるサウジアラビアの攻めをしのぐ展開は変わらない。25分前後から相手陣内にボールを運ぶ機会も増えたが、シュートまで持ち込むことはできず。サウジアラビアも前半35分、右サイドでのボール回しから、右バイタルエリアでMFバハビルが左足シュートを放つが、ゴール左に外れた。

 39分、ファウルにより武藤が警告を受け、準々決勝の出場停止が決まる。その後は試合が動かず、日本はポゼッションを大きく奪われながらも1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半開始早々、日本は右CKを許し、バイタルエリア左からMFアルドサリのシュートを許すが、ボールはGK権田が正面でキャッチ。日本も左サイドからのFKを柴崎がエリア内に上げ、ニアの吉田がヘディングシュートを放つが、相手GKにキャッチされた。

 15分、自陣右サイドからのロングパスを逆サイドで受けた武藤がエリア内にドリブルで持ち込むが相手DFがブロック。続く左CKもニアの遠藤のヘディングシュートがゴールマウスを捉えられなかった。

 サウジアラビアは26分に右サイドからのFKを獲得。吉田がこれを跳ね返すが、MFアルドサリがセカンドボールを拾い、浮き玉のパスをエリア左に上げると、DFアルブラシがヘディングシュートを放つがゴール左上に外れる。サウジアラビアはその後も再三日本陣内に攻め込むが、日本も粘り強いディフェンスで得点を許さない。

 32分には南野に替えてMF伊東を投入。42分にはカウンターを仕掛けたサウジアラビアのシュート攻勢に対し吉田、長友が好ブロックを連発。44分に堂安を下げDF塩谷をピッチに送り込んだ日本は48分、右サイドからのサウジアラビアの速いクロスもGK権田がキャッチ。サウジアラビアにゴールを割らせることなく長いホイッスルを迎えた。

 【先発メンバー】
GK 12 権田修一
DF 5 長友佑都
DF 16 冨安健洋
DF 19 酒井宏樹
DF 22 吉田麻也(キャプテン)
MF 6 遠藤航
MF 7 柴崎岳
MF 8 原口元気
MF 9 南野拓実
MF 21 堂安律
FW 13 武藤嘉紀

試合結果へ試合日程へ

  • 前半、先制のゴールを決める冨安健洋=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、冨安健洋の先制ゴールを祝福する吉田麻也=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、先制ゴールを決めガッツポーズする冨安=シャルジャ(共同)
  • 前半、冨安健洋の先制ゴールを喜び合う日本イレブン=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、冨安健洋の先制ゴールを喜び合う日本イレブン=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め込む柴崎岳=シャルジャスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、セーブするGK権田(右から2人目)=シャルジャ(共同)
  • 後半、ヘディングでクリアする吉田(22)=シャルジャ(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【試合結果】日本代表、サウジの猛攻しのぎ8強!冨安のゴールを守り切る/アジア杯