2019.1.17 15:30

柴崎岳「公式戦での日本代表というのが出てきた」2戦消化で連係面の上積み実感/アジア杯

柴崎岳「公式戦での日本代表というのが出てきた」2戦消化で連係面の上積み実感/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
柴崎岳
柴崎岳「公式戦での日本代表というのが出てきた」2戦消化で連係面の上積み実感/アジア杯

柴崎岳「公式戦での日本代表というのが出てきた」2戦消化で連係面の上積み実感/アジア杯【拡大】

 日本はアジアカップグループリーグ第3節で、ウズベキスタンと17日に戦う。

 グループ2位の日本は勝利なら1位での勝ち上がり、引き分け以下なら2位でのラウンド16進出となるが、柴崎岳が第3戦ウズベキスタンの印象について、メディアの前で次のように述べている。

 「とてもいい相手ですし、このグループの中で一番強いと思っているので。公式戦ですけど、テストという意味でいい試合になると思いますし、公式戦なので結果もしっかり求めないといけないと思います」

 トルクメニスタン戦、オマーン戦を消化し、チームの連係が高まりつつある状況に対しては「(連係の改善を)感じてますね、それは。1戦、2戦ごとに。落ち着きもありましたし、チームとしての骨格、公式戦での日本代表というのがだんだん出てきて、また親善試合とは違った部分が経験としてできていると思います」と発言。試合をこなす度にチームの完成度が高まっている手応えを感じているようだ。

 また第3節で過去2試合と異なる陣容になる見通しについては次のように述べ、出場機会がなかった選手たちの奮起を促している。

 「(代表では個々が)個人としてやらないといけないという意識が芽生えたり、日本代表という立場でのプレーと、経験として若い選手たちは得られているとは思うので、僕も(若手時代は)そうでしたけど、最初から今みたいなプレーができていたわけではないので、良いことも悪いこともあって、今の立場にいると思いますし、その時の自分に『もっとやれたんじゃないか』と思うこともありますけど、そのときの自分の考えている頭の思考という部分でプレーしていた部分はあるので」

 「でも各選手、自分に足りない部分だったり、こういったレベルの大会、立場でプレーするというのがどういったことか、各々感じている部分はもちろんあると思うし。経験のある選手が誰もが最初からそうだったわけではないので、そういった選手はこれから自覚して乗り切ればいいと思う」(Goal.com)

試合日程へ勝敗表

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 柴崎岳「公式戦での日本代表というのが出てきた」2戦消化で連係面の上積み実感/アジア杯