2019.1.16 19:32(1/2ページ)

アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か

アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か

アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か

アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か【拡大】

 アーセナルに“不協和音”が生じている。英『BBC』が報じた。

 3季ぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指し、今季から新体制を迎えているアーセナル。22年間クラブを引きたアーセン・ヴェンゲル前監督が去り、さらに11月にはイヴァン・ガジディス前CEOも退団。ウナイ・エメリ新監督を迎え、クラブのフットボール部門のリーダーには、バルセロナが黄金時代を築いた際のフットボールディレクターであるラウール・サンジェイ氏が就任した。

 ここまでプレミアリーグ22試合を終えて5位につけるアーセナルだが、メスト・エジルの起用法やアーロン・ラムジーのフリー退団が迫るなど、ネガティブな話題が続いている。

 ■ピッチ外でも生じる“不協和音”

 しかし、それはピッチ内だけにはとどまらないようだ。イギリスで最も信頼のおけるジャーナリストである『BBC』のデイヴィッド・オーンスタイン氏によると、クラブのスカウト部門のトップを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が、クラブを離れる可能性があるという。

 元ドルトムントのスカウトで、香川真司らの獲得に大きく関わっていたミスリンタート氏は、2017年12月にアーセナルに入団。ガジディス前CEO体制では選手獲得の重要な部分を担い、FWピエール=エメリク・オーバメヤンら8人の契約すべてに関わってきた。また、エメリ監督の招へいでも大きな役割を担っている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か