2019.1.16 09:32

酒井宏樹「1位が良い、2位が良いではなく」グループ最終戦へ意気込み/アジア杯

酒井宏樹「1位が良い、2位が良いではなく」グループ最終戦へ意気込み/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
酒井宏樹
酒井宏樹「1位が良い、2位が良いではなく」グループ最終戦へ意気込み/アジア杯

酒井宏樹「1位が良い、2位が良いではなく」グループ最終戦へ意気込み/アジア杯【拡大】

 ここまでアジアカップ2019で戦った2試合全てにフル出場する日本代表DF酒井宏樹は、グループリーグ最終戦で対戦するウズベキスタン代表との一戦を前に、ここまでの戦いを振り返った。

 「中東でやっているから中東の選手たちのコンディションというのはやっぱりすごく良いので、試合的には難しくなります。その中でも勝ち点3を取れていることは良いと思います」

 また、すでに決勝トーナメント進出を決めている日本代表にとって次の試合は実質的な消化試合。主力を温存するために、メンバーを大幅に入れ替えることも予想される。これを受け、チーム内に温度差はあるかと問われた酒井は「どうですかね。もう総力戦なので、全ての試合に勝ちたいですし、2位通過が良いとかそういう話もありますけれど、負けに行く試合はないと思うので、全部勝てれば良いと思います」と試合を戦う以上は結果を求めたいと強調した。

 「みんなそんなに喋らないですね。1位通過が良い、2位通過が良いなんて喋らないので。しっかり勝つことだけ考えていますし、それだけだと思います。僕もイエローを消化しようかなと思っていたけれど、狙ってもできるものじゃないですし…」

 先日の1-0で勝利したオマーン代表戦についても口を開いた。

 「シミュレーションがすごいので、こっち(中東)の選手は。気を付けないといけないです。特にペナルティエリアは繊細にはなってくるので、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があるまではしっかりやらないといけないですし、何よりもゼロに抑えていることが全てです。守備なので、しっかりチームを勝たせられるように頑張っていきたいと思っています」

 17日に行われる第3戦の相手、ウズベキスタン代表もすでに決勝トーナメント進出を決めている。同国代表との過去の対戦について酒井は「僕、1試合も出たことがないです、ウズベキ。ベンチでした。2試合のうちの1試合ということが多くて、今回も消化試合と言うか、順位決定戦ですので。出られないことが多いので、ちょっとやってみたかったです」と心境を明かしたが、怠らないように準備したいと話した。

 「でも、まだまだメンバーも決まっていないですし、出る選手は本当に直前までわからないので、僕としては試合に出る準備をしっかりして臨みたいと思います」(Goal.com)

試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 酒井宏樹「1位が良い、2位が良いではなく」グループ最終戦へ意気込み/アジア杯