2019.1.16 18:40

ニース・ビエラ監督、盟友アンリ氏との指揮官対決に「奇妙な感覚」

ニース・ビエラ監督、盟友アンリ氏との指揮官対決に「奇妙な感覚」

ニース・ビエラ監督、盟友アンリ氏との指揮官対決に「奇妙な感覚」

ニース・ビエラ監督、盟友アンリ氏との指揮官対決に「奇妙な感覚」【拡大】

 ニースのパトリック・ヴィエラ監督は、かつての同僚でもあるモナコのティエリ・アンリ監督の対戦を楽しみにしているようだ。『オムニスポーツ』が伝えている。

 リーグ・アンは16日に第17節の延期分が開催される。8位ニースは19位モナコの敵地に乗り込み、“コートダジュール・ダービー”に臨むことになる。

 今回の対戦は、ダービーマッチである以上に大きな注目を集めている。ヴィエラ監督とアンリ監督は、現役時代にアーセン・ヴェンゲル氏率いるアーセナルで無敗優勝を達成するなど多くのタイトルを獲得し、フランス代表としては1998年にワールドカップも制すなど、数々の栄光を収めてきた。

 フランス紙『レキップ』は、16日付けの一面に“Sons of Wenger(ヴェンゲルの子供達)”という言葉とともに両者の写真を掲載。フランス国内では、レジェンドによる指揮官としての初対決を前に盛り上がりを見せている。

 ヴィエラ監督は会見で、かつての盟友との対戦に不思議な感覚のようだ。

 「本当に多くの時間を一緒に過ごしたので、奇妙な感覚だね。同じチームで一緒にプレーし、試合に勝ち、敗れた。キャリアのスタートは、彼はモナコ、私はカンヌ。いつも非常に親しくしてきたよ。我々がフランス初めての監督キャリアで、同じ南地方にいるのは面白いね」

 「2人とも心から興奮していると思う。お互いが監督になり、彼がモナコで、私がニース。対戦することなんて考えてなかったんだ」

 そして、アンリ監督を絶賛している。

 「アンリのキャリアについて話すことはあまりない。素晴らしいことを成し遂げているのは明らかだからね。彼は(ミシェル)プラティニ、(レイモン)コパ、(ジネディーヌ)ジダンのように、フランス最高の選手だ。フランスのサッカーに大きな影響を与えたね」

 「多くの若手選手の模範である。良いお手本だね。彼は常にサッカーを愛していたから、(監督になったことは)驚きではないよ。試合を見ることが好きで、各国リーグのすべての選手を知っているよ。情熱的な男だね」

 指揮官として、初めて直接対決に臨む両者。かつての盟友同士の対戦は、どのような決着を見るのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. ニース・ビエラ監督、盟友アンリ氏との指揮官対決に「奇妙な感覚」