2019.1.14 21:25

武藤、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」/アジア杯

武藤、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
武藤嘉紀
武藤、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」

武藤、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」【拡大】

 日本代表FW武藤嘉紀が、ウズベキスタン戦での出場に意欲を示した。

 日本代表は13日にアジアカップ第2戦でオマーンと対戦し、1-0で勝利。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。この試合で途中出場を果たした武藤は、ゴールこそなかったが、堂安律の決定機を演出するなど見せ場は作った。

 試合から一夜明けて「最後に出られたのは良かったけど、結果的にゴールはとれなかった。合わなかったところはしっかり修正したい」と反省。「途中からの難しさもありますけど、最初から出ることができれば自分自身にとっても良い」と、最終戦はスタメンでの出場を熱望した。

 「ウズベキスタンは多分、この3戦のなかで一番強い相手だと思う。そんな簡単に勝てる相手ではないですし、本当に綺麗なプレーは必要ないので。泥臭くチームのために走り続けたいなと思います」

 日本はウズベキスタン戦で引き分け以下に終わっても2位通過で決勝ラウンドに進める。移動距離を考慮すると、2位の方が良いという見方もある。しかし、武藤は勝利のみを目指している。

 「絶対に負けちゃいけないと思っていますし。ここで負けていくのと、勝っていくのでは、雰囲気も違うので。まずはしっかりと勝って。圧倒して勝つと、決勝トーナメントに良い形で臨めるんじゃないかなと思っています」

 1トップの位置に大迫勇也が復帰した場合は、2列目のサイドでの起用もあるかもしれない。

 武藤は「監督が求めるポジションで選手たちはプレーしないといけない。日本のために戦えるなら、どこでもやるつもりです」と、代表チームのために身を賭す覚悟を示していた。

 日本は17日にウズベキスタンと首位通過を懸けて対戦する。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 武藤、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」/アジア杯