2019.1.14 12:35(1/2ページ)

遠藤航、無失点勝利を評価「満足ではないが最低限」/アジア杯

遠藤航、無失点勝利を評価「満足ではないが最低限」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
遠藤航
遠藤航、無失点勝利を評価「満足ではないが最低限」/アジア杯

遠藤航、無失点勝利を評価「満足ではないが最低限」/アジア杯【拡大】

 13日に行われ、1-0で勝利したアジアカップ2019のオマーン代表戦にフル出場した日本代表MF遠藤航は、この試合について振り返った。

 前半の原口元気のPKによる得点で辛くも勝利したこの一戦を「満足ではないですけれど、最低限というところで、ゼロで抑えたというのがディフェンスとしては評価して良い部分かなと思います」と話した。

 追加点を奪うことができなかったことについては「前半で2、3点を仕留められれば理想的な展開でした」と話した遠藤だが「1点取れたということは、僕ら後ろにとって大きかったです。後半はどちらかと言うと、前からプレッシャーを掛け続けるというよりは、自分たちもしっかりブロックを敷いて、あまり失点したくない戦い方をしました。ボールを持たれるシーンもありましたけれど、あそこをカウンターで仕留められればもちろん理想的な展開だったと思います。それでも、しっかりゼロで抑えたことは良かったと思います」と語った。

 後半にはオマーン代表のカウンターを受け、ピンチになる場面もあったが、ボランチである遠藤が上手く対処したりとピンチを未然に防ぐ場面も見られた中、同選手は1点リードはリスク管理しやすい状況だったと話した。

 「0-0だったらまたちょっと戦い方は変わっていたと思います。1点勝っているというところで、後ろも自分に対してしっかり残れという声がありました。僕もそれで良いと思いましたし、大事なのは失点しないことだったと思うので、あとは前が2点目を取ってくれるのを待ちながらやっていた感じです。大事なことは攻めているときのリスクマネージメントで、守から攻に変わったときに、自分のところでしっかりボールを受けて、それで前に運んでスルーパスだったり、チャンスメイクしていくというのができていたので、最初のポジショニングが良かったのかなと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 遠藤航、無失点勝利を評価「満足ではないが最低限」/アジア杯