2019.1.14 12:34(1/2ページ)

武藤嘉紀「結果が出せなかった」と反省点を口に/アジア杯

武藤嘉紀「結果が出せなかった」と反省点を口に/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
武藤嘉紀
武藤嘉紀「結果が出せなかった」と反省点を口に/アジア杯

武藤嘉紀「結果が出せなかった」と反省点を口に/アジア杯【拡大】

 13日に行われたアジアカップ2019のオマーン代表戦で、57分に北川航也と交代してピッチに立った日本代表FW武藤嘉紀。膠着した状況の中で今大会初出場を果たした同選手は試合後、この一戦について振り返った。

 難しい局面でピッチに立ったことについて「2点目を必ず取らなくてはいけなかったですし、自分自身、最初のチャンスでパスを選択してしまったり、カウンターのワンチャンスでミスパスしてしまったりと、納得いくプレーではなかったです」と言及。

 交代時に森保一監督やコーチ陣から受けた指示に関して「とどめを刺してほしいという方です」と明かした武藤だが、結果を出せなかったことへの反省点を口にした。「一番難しい時間帯でしたし、チームとしても2点目を取りに行くけれどカウンターが怖いし、セカンドボールを取りにくくなっていたりとかなり難しい内容でした。それでも、後から入ってきた僕らは試合を決めないといけなかったと思います。そこは反省して次、絶対に決めに行かなくちゃいけないと思います」

 「まあ難しいですね。ボールに触る回数というのを増やさなくてはいけないと思っていました。けれど、やっぱりみんなが真ん中に集まっていて、僕らまで下がってしまうとさらに状況が悪くなるというのを北川選手も思っていたと思う。それでもFWである以上、ワンチャンスを物にしなくちゃいけないですし、その面で自分自身今日結果が出せなかったので、本当に反省しなくちゃいけないところだと思います」

 さらに、他選手との連携についても言及した。「難しいですね。(南野)拓実が、やっぱりドリブルもできますし、自分がもらえる位置だったり、自分が行くところとは逆に拓実がどこでもらいたいかというところをコミュニケーションしていかなくちゃいけないです。けれど、今日やれてそこでまた話し合うことができるので、次、一緒にやれるか分からないですけれど、決勝トーナメントからは合わなかったじゃもう話にならないので、しっかり突き詰めてやっていきたいなと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 武藤嘉紀「結果が出せなかった」と反省点を口に/アジア杯