2019.1.14 08:54(1/2ページ)

南野、無得点に悔しさも「大黒柱」大迫不在の勝利に手応え/アジア杯

南野、無得点に悔しさも「大黒柱」大迫不在の勝利に手応え/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
南野拓実
南野、無得点に悔しさも「大黒柱」大迫不在の勝利に手応え/アジア杯

南野、無得点に悔しさも「大黒柱」大迫不在の勝利に手応え/アジア杯【拡大】

 日本代表は13日、アジアカップ2019グループF第2戦でオマーンに1-0と勝利した。南野拓実は決勝トーナメント進出を喜びつつ、最前線でコンビを組んだ選手たちの印象を語っている。

 「チームとしてグループリーグ突破を一番の目標にして挑んだ試合でしたし、それを決めれてよかったと思います。立ち上がりの時間とか特に前の試合から比べて、攻撃の面でいい形はあったと思うし、自分もゴールに向かっていくプレーは多かった。自分的にはそれをゴールにつなげたかったですし、それは決勝トーナメントとかにいくとよりシビアになってくると思うので、そこは修正していけたらいいと思います」

 「(修正した点は?)こっちがボールを奪った瞬間、中盤で奪った瞬間のポジショニングであったり、相手が今日は5バックじゃなかったから、(堂安)律と(原口)元気君が中でプレーして前向きで持てる時間も長かったですし、そういう時のタイミングで、いいタイミングで斜めの動きとか、相手の間に立つというのはすごく意識してましたね」

 この日は鋭い動き出しやスペースへのランニング、ドリブルでの持ち出し、献身的なプレスなどで存在感を放った南野。しかし決定機を逃す場面も目立ち、ノーゴールに終わった。背番号9は「後悔している」と悔しさをにじませつつ、改善を誓っている。

 「(後悔もある?)はい、もう本当にその通りです。勝てたことは良かったですし、チームとしてそれが一番重要な中で、自分としてはチームのためにもっと楽な試合展開にできた悔しさはあります。そこをこだわらないといけないと思うので、自分は次にそういった部分を改善していく必要はあると思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 南野、無得点に悔しさも「大黒柱」大迫不在の勝利に手応え/アジア杯