2019.1.14 05:04(1/2ページ)

オレを忘れるな!原口、1次L突破PK弾/アジア杯

オレを忘れるな!原口、1次L突破PK弾/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
前半28分にPKを決めた原口。チームに落ち着きをもたらした(撮影・蔵賢斗)

前半28分にPKを決めた原口。チームに落ち着きをもたらした(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・アジア杯1次リーグF組(13日、アブダビ)2大会ぶり最多5度目の優勝を目指す国際連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、1次リーグF組第2戦で同82位のオマーンを1-0で下した。2連勝で勝ち点6とし、16強による決勝トーナメント進出が決定。前半28分にMF原口元気(27)=ハノーバー=が自ら奪ったPKを決め、その1点を守り抜いた。森保一監督(50)は負傷者を抱える中、就任から7試合で無敗(6勝1分け)を継続。17日にはウズベキスタンと対戦する。

 不穏なムードを一掃した。0-0の前半28分、MF原口は自ら得たPKでボールをセットした。2歩、3歩と助走のために下がると、ゴールを見つめて一呼吸。左隅へ、右足で突き刺した。

 「あのPKはなかなか緊張した。相手GKが当たっていたので、嫌だなと思ったけどコースだけ気をつけた」

 MF南野のシュートのこぼれ球に飛び込み、ペナルティーエリア付近で相手DFに倒された。微妙な判定だったが、主審はPKを指示し、日本に流れが傾く。開始2分には折り返しに右足を合わせるだけの決定機を外していた。その後もことごとく好機で外し、大挙した相手サポーターを喜ばせたが、昨年11月20日のキルギス戦以来、代表通算9点目で黙らせた。

 27歳ながら、若手中心のチームではベテランの域に入りつつある。豊富な運動量で昨夏のW杯ロシア大会では3試合に先発。あと一歩で8強入りを逃したベルギー戦では先制ゴールを挙げ、強豪相手に善戦を演じた。

【続きを読む】

  • 先制のPKを決め、南野(右)と喜ぶ原口(共同)
  • 後半、パスをつなぐ武藤=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、競り合う酒井宏=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、プレスをかける北川(右)=アブダビ(共同)
  • 後半、ヘディングでクリアする吉田(上)=アブダビ(共同)
  • 前半、パスを出す長友=アブダビ(共同)
  • 前半、攻め込む堂安=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ペナルティエリア内でファールをもらう原口=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、PKを決める原口=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 原口元気・日本代表全得点
  • 森保ジャパン・全成績
  • 日本のオマーン戦スタメン
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. オレを忘れるな!原口、1次L突破PK弾/アジア杯