2019.1.14 05:00

【小島伸幸の好セーブ】一筋縄ではいかない経験が成長の糧となる

【小島伸幸の好セーブ】

一筋縄ではいかない経験が成長の糧となる

特集:
アジアカップ2019
サッカー・日本代表出場選手採点

サッカー・日本代表出場選手採点【拡大】

 サッカー・アジア杯1次リーグF組(13日、オマーン0-1日本、アブダビ)立ち上がりの好機をものにしていれば、もっと楽に試合を運べただろう。よく粘ったという印象だ。

 ポストプレーを持ち味とする不動のFW大迫はけがで不在。前線でボールが収まらない分、MF南野が積極的に相手DFの背後を狙っていた。これは初戦では目立たなかったプレーで、決勝点となったPKにもつながったため評価に値する。大迫の代役となったFW北川は守備に奮闘していたが、攻撃の姿勢が希薄だった。

 後半に停滞した理由は、MF柴崎の位置取りが低くなったからだ。FWとの距離が開き、効果的な縦パスがなかった。MF遠藤はボール奪取で役割を果たしていた。このダブルボランチの連係が深まれば、さらに攻撃は活性化するだろう。

 もがき苦しみながら決勝トーナメント進出を決めたことに意味がある。センターバックで体を張っていたDF冨安、前線で好プレーを見せたMF堂安や南野は、アジアで初の真剣勝負。一筋縄ではいかない経験が、成長の糧となる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【小島伸幸の好セーブ】一筋縄ではいかない経験が成長の糧となる