2019.1.14 01:56

南野、連勝に安堵も好機逸し反省「決め切れなかったことは自分の課題」/アジア杯

南野、連勝に安堵も好機逸し反省「決め切れなかったことは自分の課題」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
南野拓実
前半、得点を奪えず悔しがる南野=アブダビ(共同)

前半、得点を奪えず悔しがる南野=アブダビ(共同)【拡大】

 アジアカップ2戦目のオマーン代表戦に臨んだ日本代表は、前半に決めた原口元気PK弾を守り切り、1-0で勝利を収めた。

 MF南野拓実は試合後、「2連勝して予選突破を確実に決めたことは良かったと思います。チームの勝利が重要だったので、勝てて良かったです」と、喜びを口にした。

 「相手も後のない状況で激しく来ることは分かっていました。自分の役割は、チームのために体を張ることが重要なポイントだったので、それが勝利につながって良かった」と語る南野の首筋には、傷跡も見られた。

 それでも「個人的には、自分のところで前半にチャンスがあったので、チームのために決め切れなかったことは、自分の課題なので、次に向けて改善していきたいと思います」と、前半のチャンスを決め切れなかったことを反省。「予選のラスト1試合あるので、3戦全勝して良い勢いで決勝トーナメントに持っていきたい」と、次戦に向けた意気込みを語った。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、シュートを放つ南野=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 南野、連勝に安堵も好機逸し反省「決め切れなかったことは自分の課題」/アジア杯