2019.1.13 17:51

レアルが“レヴァンドフスキ2世”獲得か セリエA得点王争いでC・ロナと接戦中

レアルが“レヴァンドフスキ2世”獲得か セリエA得点王争いでC・ロナと接戦中

レアルが“レヴァンドフスキ2世”獲得か セリエA得点王争いでC・ロナと接戦中

レアルが“レヴァンドフスキ2世”獲得か セリエA得点王争いでC・ロナと接戦中【拡大】

 Rマドリードが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを注視しているようだ。スペイン『アス』が報じた。

 現在23歳のピョンテクは、昨年の夏に母国クラブのクラコヴィアからジェノアに移籍。当時、欧州トップレベルとしては無名の存在だったものの、セリエAデビューからの7試合で9得点を記録するなどブレークしている。今季ここまで、公式戦21試合で19ゴールをマークしており、セリエAではユベントスのクリスティアーノ・ロナウドが記録する14ゴールに次ぐ13ゴールを挙げている。

 そのピョンテクをRマドリードが注目しているようだ。セリエAの中断中にジェノアはスペイン遠征を行っており、14日にドイツ3部のヴュルツブルガー・キッカーズと対戦。Rマドリードは、この試合にスカウトを派遣したとのことだ。

 なお、ピョンテクには以前にACミランとの関連が伝えられており、現在はナポリも関心を示しているとのこと。仮にRマドリードが獲得に動く場合、争奪戦が激しくなることが予想され、オペレーションに必要な移籍金は6000万ユーロ(約75億円)にのぼるとみられている。そのプレースタイルもあって、“レヴァンドフスキ2世”とも称されるピョンテクだが、今後の去就に注目だ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. レアルが“レヴァンドフスキ2世”獲得か セリエA得点王争いでC・ロナと接戦中