2019.1.13 02:02(1/2ページ)

アトレティコ前主将ガビ、シメオネの哲学を力説「後退する守備で勝者になることは簡単じゃない」

アトレティコ前主将ガビ、シメオネの哲学を力説「後退する守備で勝者になることは簡単じゃない」

アトレティコ前主将ガビ、シメオネの哲学を力説「後退する守備で勝者になることは簡単じゃない」

アトレティコ前主将ガビ、シメオネの哲学を力説「後退する守備で勝者になることは簡単じゃない」【拡大】

 昨季までAマドリードの主将を務めた現アル・サッドMFガビが、ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコのプレースタイルについて語っている。

 シメオネ監督率いるアトレティコで、ピッチ上で同指揮官のフットボールを最も体現しているとされたガビ。スペイン『マルカ』とのインタビューに応じた同選手は、シメオネ監督からどのような指示を受けていたかを明かした。

 「チョロ(シメオネ監督の愛称)からは、すべてに注意を払うよう頼まれた。相手の攻撃を摘む役割というわけではないけど、チームが攻撃を仕掛けているときには、守備の均衡を保つよう注意していたよ。そしてチーム全体が後退するときには、前へとプレッシングを仕掛けた」

 「シメオネはチーム全体にプレー方法を浸透させていたし、僕たちは彼の姿を見るだけでプレッシングか後退のどちらを望んでいるかを理解できたんだ。シメオネは、そうしたフットボールを実践するために必要不可欠な存在なんだよ」

 ガビは現在アル・サッドで、堅守速攻のアトレティコとは反対のチーム、バルセロナで中心的役割を担ったMFチャビ・エルナンデスとともにプレーしている。チャビはポゼッションフットボールの正当性を執拗に強調するが、ガビはそうした意見をどのように受け止めているのだろうか。

 「彼と僕の考えはかけ離れているか? ノーだね。彼の言うことには全面的に同意する。彼がそうやって成功をつかんだことを理解しているからだ。彼は一つのプレースタイルを先導したのではなく、そのスタイルにおける最高の選手だった。一方で僕は、アトレティでそんな存在であったわけではないんだ」

 「でも、彼ら(バルセロナ)にとって僕たちと対戦するのは難しいことだったのも確かだ。スペースも優位性も得られなかったわけだからね。二つのスタイルは異なるものだが、どちらにも価値があるし、だからフットボールは素晴らしいんだよ」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アトレティコ前主将ガビ、シメオネの哲学を力説「後退する守備で勝者になることは簡単じゃない」