2019.1.13 05:03(1/2ページ)

流通経大柏、5発決勝!“植田2世”関川が3点目“決着”弾/高校サッカー

流通経大柏、5発決勝!“植田2世”関川が3点目“決着”弾/高校サッカー

前半終了間際、試合を決定づけるゴールを決めた流通経大柏の関川(左) 

前半終了間際、試合を決定づけるゴールを決めた流通経大柏の関川(左) 【拡大】

 全国高校サッカー選手権準決勝第6日(12日、埼玉スタジアム)流通経大柏(千葉)が初出場の瀬戸内(広島)に5-0で大勝し、2大会連続3度目の決勝進出で11大会ぶりの優勝へ王手をかけた。青森山田(青森)と尚志(福島)の東北勢対決は3-3でPK戦に突入し、4-2で2大会ぶり2度目の優勝を狙う青森山田が制した。決勝は14日、埼玉スタジアム(午後2時5分キックオフ)で行われる。

 高い打点のヘディング弾がズバッと決まった。前半42分、左クロスにDF関川が遠いサイドのポスト前でジャンプ一番、強烈なシュートを突き刺した。

 「セットプレーにはこだわっている。空中戦は譲らない」

 “高校ナンバーワンDF”の呼び声高い関川。J1鹿島入りで内定している3年生が、今大会2点目を決めて得点力で存在感を示した。

 前半4分、MF岡本(3年)のゴールで幸先よく先制すると、同10分にも追加点。関川がこれに続き、前半で試合の大勢を決めた。警告の累積を避けるため後半13分で退いたが、「どんな試合でも無失点に抑える」との言葉通り、5-0の完封勝利に貢献した。

【続きを読む】

  • 前半、先制ゴールを決める流通経大柏・岡本=埼玉スタジアム
  • 前半、2点目のゴールを決めて喜ぶ流通経大柏・藤井=埼玉スタジアム
  • 後半、チーム4点目のゴールを決めた流通経済大柏・熊澤和希(右)=12日午後、さいたま市・埼玉スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 後半、チーム5点目のゴールを決めた流通経済大柏・渡會武蔵=12日午後、さいたま市・埼玉スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 前半、チーム3点目を決め祝福される流経大柏・関川郁万(右・5番)=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、チーム5点目のゴールを決め喜ぶ流経大柏・渡会武蔵(21)=さいたま市・埼玉スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 全国高校サッカー選手権・過去10年の決勝成績
  • 全国高校サッカー選手権・得点ランク上位
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 流通経大柏、5発決勝!“植田2世”関川が3点目“決着”弾/高校サッカー