2019.1.13 15:21(1/4ページ)

“大迫依存”脱却なるか?オマーン戦カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係

“大迫依存”脱却なるか?オマーン戦カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係

特集:
アジアカップ2019
武藤嘉紀
“大迫依存”脱却なるか?オマーン戦カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係

“大迫依存”脱却なるか?オマーン戦カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係【拡大】

 ■グループステージ突破のかかる大切な一戦

 9日のアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールをマークし、チームの窮地を救った大迫勇也(ブレーメン)。その絶対的1トップが13日のオマーン戦直前2日間のトレーニングを欠席した。

 12月末の国内合宿スタート時から懸念されていた右でん部負傷が再発したと見られ、オマーン戦の欠場は確実になった。攻撃陣を動かすエンジンのような存在がいないことは、森保一監督率いる新生日本代表にとって、多大なるダメージに他ならない。代役をどうするか。そして誰が決定的なゴールを決めるのか。それが第2戦での最大テーマになりそうだ。

 グループステージ突破のかかる試合であり、また日本を熟知する元大宮アルディージャ、京都サンガの指揮官であるピム・ファーベク監督率いるオマーンが相手ということで、今回も主力を大きく変えることはできないだろう。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. “大迫依存”脱却なるか?オマーン戦カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係