2019.1.12 17:08

流経大柏、主導権を渡さず瀬戸内に5-0で完勝/高校サッカー

流経大柏、主導権を渡さず瀬戸内に5-0で完勝/高校サッカー

前半、チーム3点目を決め祝福される流経大柏・関川郁万(右・5番)=埼玉スタジアム (撮影・中井誠)

前半、チーム3点目を決め祝福される流経大柏・関川郁万(右・5番)=埼玉スタジアム (撮影・中井誠)【拡大】

 サッカーの全国高校選手権第6日は12日、埼玉スタジアムで準決勝2試合が行われ、決勝は青森山田-流通経大柏(千葉)の顔合わせに決まった。青森山田は2大会ぶり2度目の優勝を、流通経大柏は2大会連続の決勝で11大会ぶり2度目の頂点を目指す。試合は14日午後2時5分から埼玉スタジアムで行われる。

 流通経大柏は初出場の瀬戸内(広島)に5-0で完勝。前半に関川らのゴールで3点を奪い、主導権を渡さなかった。

流通経大柏・本田監督の話「1週間、間があったのでいいパフォーマンスができた。入り方も良かったし、うまくプレスもかけられた。いいところばかりが出た」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 後半、チーム5点目のゴールを決め喜ぶ流経大柏・渡会武蔵(21)=さいたま市・埼玉スタジアム(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 流経大柏、主導権を渡さず瀬戸内に5-0で完勝/高校サッカー