2019.1.12 20:35(1/2ページ)

南野拓実が語る初戦で得た“自信”と“教訓”「失点すると思っていなかったので…」/アジア杯

南野拓実が語る初戦で得た“自信”と“教訓”「失点すると思っていなかったので…」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
南野拓実
南野拓実が語る初戦で得た“自信”と“教訓”「失点すると思っていなかったので…」/アジア杯

南野拓実が語る初戦で得た“自信”と“教訓”「失点すると思っていなかったので…」/アジア杯【拡大】

 初戦の教訓を次に生かす。日本代表MF南野拓実は苦戦を強いられたトルクメニスタン戦から中3日で行われるオマーン戦に向けて自信をのぞかせた。

 日本代表は12日、翌日に控えたオマーン戦に向けた前日練習を行った。この日、東口順昭と大迫勇也が練習を欠席。特に初戦で2ゴールを決めるなど、局面を打開できる大迫が仮に欠場となると、攻撃陣は得点へのアプローチの仕方も変えなければならない可能性も出てくる。

 しかし南野は「僕は選手によってやり方を変えるというよりは、自分のやりたいようにやらせてもらえる方が多い」と話し、「どうなるか分からないですけど、相手にもよりますし、フレキシブルにやれたらいいかなと思います」と、悲観的には捉えなかった。

 エースが欠場となると、その代役として武藤嘉紀や北川航也といったアタッカーの起用が予想される。特に武藤について南野は「練習でもクオリティ高いところを常に見せている選手の1人」と称賛。その上で「実績も含め、頼りになる選手なので、サコ君がどうなるかは分からないですけど、僕も含めてそれ以外の選手も準備はできているので、試合に出た時にはしっかりいいプレーができるように集中していければいい」と続けた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 南野拓実が語る初戦で得た“自信”と“教訓”「失点すると思っていなかったので…」/アジア杯