2019.1.12 18:58(1/7ページ)

ブンデス前半戦で最高評価のハラー「誰かのコピーじゃなく自分の歴史を作りたい」

ブンデス前半戦で最高評価のハラー「誰かのコピーじゃなく自分の歴史を作りたい」

 セバスティアン・ハラーは今シーズン彗星のごとく現れたスター選手の一人である。フランクフルトでともにFWを務めるアンテ・レビッチ、ルカ・ヨヴィッチとパートナーを組み、ブンデスリーガでもヨーロッパリーグでも大きなセンセーションを巻き起こしている。

 ハラ-はヨーロッパで最も確実にチャンスをものにすることのできるプレーヤーの一人となっている。実際、前半戦にリーグ戦で積み上げた得点数は「9」。加えて、恵まれた体躯を活かした高い水準のポストプレーはリーグ屈指にまで成長し、ドイツ誌『キッカー』が今季の前半戦終了後に発表したストライカーランキングではトップの評価を与えられた(ヨヴィッチは3位、レビッチは6位)。

 しかし、ハラーが『Goal』の独占インタビューで明かすところによれば、かつての彼はもう少しでFWの道に進まないことになっていたかもしれないという。さらに少年時代に偉大な手本と仰いだ選手たちのこと、フランクフルトの前監督ニコ・コバチと現監督アディ・ヒュッターの違いについても話してくれた。

■「スターになるためにフットボールをやってるわけじゃない」

 --現在、ヨーロッパで最も確実に点を取れる選手の一人に数えられていますね。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、キリアン・ムバッペといった錚々たる顔ぶれと並んで自分の名前が挙げられるのはどういう気分ですか?

 効率がいいというのは気持ちのいいことだし、望ましいことだ。とりわけFWにとってはね。だからこそ僕はフットボールをやっているんだ。けれど、今だけでなくシーズンの終わりにもトップレベルでいたいと思っている。まだまだシーズンは長いってことを忘れるわけにはいかない。まだまだ始まったばかりなんだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ブンデス前半戦で最高評価のハラー「誰かのコピーじゃなく自分の歴史を作りたい」