2019.1.9 23:39

権田、好セーブみせるも2失点反省「シンプルに僕のミス」/アジア杯

権田、好セーブみせるも2失点反省「シンプルに僕のミス」/アジア杯

特集:
権田修一
前半、トルクメニスタンに先制のゴールを許す権田(左)=アブダビ(撮影・蔵賢斗)

前半、トルクメニスタンに先制のゴールを許す権田(左)=アブダビ(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 アジア杯1次リーグF組(9日、日本3-2トルクメニスタン、アブダビ)大事な初戦で先発起用されたGK権田は2失点を反省した。前半26分に相手のミドルシュートをはじききれずに先制点を与えた。「ボール自体の変化が大きい。練習で分かっていた。枠に来たシュートを止めるのが仕事なので、やられてしまったのはシンプルに僕のミス」と悔やんだ。

 前半に至近距離からのシュートをブロックするなど好反応もあった一方で、後半にはPKを与えて2点目も許した。「もっと成長しないといけないと感じさせてくれた試合」と表情を引き締めた。(共同)

森保一・日本代表監督「これがこの大会の難しさかなと思っている。先制されてもチームとして戦い続け、皆さんに勝利を届けられたのはよかった。成長と勝利を目指しながらやっていきたい」

田嶋幸三・日本サッカー協会会長「いい時も悪い時もある。初戦はこうなりがち。どこも簡単に勝っているわけではない。ここで勝ち点3を取ることができたのは、チームの実力があるということ」

長友「若い選手はアジア杯が甘くないことを学んだと思う。引いた相手に対し、前半はきれいなサッカーをしようとしすぎた」

大迫「もっとうまくできたと思う。点が欲しい時にしっかり取れたことは個人として良かったし、次につながる」

堂安「後半、思い切って打とうと思った結果がゴールにつながった。大事な3点目を取れて良かった」

吉田「いいパフォーマンスではなかったが、勝ち点3をしっかり取れたのは非常に大事。簡単な試合は一つもないことが証明された。僕らにとって、いい警告になった」

冨安「守備のところで良さを出そうと思ってプレーしたが、ボールを奪う回数が少なかった」

原口「こんなに苦しむとは思わなかった。苦しいなりに修正して勝ち点3を取れたのは、いい勉強」

柴崎(チーム全体として苦戦したことに)「簡単なミスもあったし、初戦の硬さもあった。親善試合とは違った勝手があった」

南野「じれずに焦らずに持ち直せた。逆転して勝ち切れたのは重要。よかった」

北川「これがアジアの初戦かなと、身をもって感じた。何が起こるか分からない初戦で勝ち点3を取れたのは次につながる」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、PKで失点する権田=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ボールに飛びつくGK権田(奥左から2人目)=アブダビ(共同)
  • 前半、パスをつなぐ冨安=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め込む原口=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、前線から守備する北川=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、パスをつなぐ槙野=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、競り合う長友=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 試合に勝利し、スタンドの声援に応える大迫(中央右)ら日本イレブン=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • トルクメニスタンに勝利した日本イレブンに、声援を送るサポーター=アブダビ(共同)
  • 試合に勝利し、選手らと握手する森保監督=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、チーム3点目となるゴールを決めた堂安を祝福する日本イレブン=アブダビ(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 権田、好セーブみせるも2失点反省「シンプルに僕のミス」/アジア杯