2019.1.9 10:00

ベガルタ・関口、慰霊碑に献花

ベガルタ・関口、慰霊碑に献花

特集:
GO!ベガルタ仙台
慰霊碑に献花する渡辺監督(中)、西川社長(左)、関口(右)。被災地復興を胸に今季の戦いに臨む(撮影・葉山理)

慰霊碑に献花する渡辺監督(中)、西川社長(左)、関口(右)。被災地復興を胸に今季の戦いに臨む(撮影・葉山理)【拡大】

 J1ベガルタ仙台がチーム始動日となった8日、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の震災復興伝承館を訪れ、サッカーを通じた復興支援の重要性を改めて胸に刻んだ。

 MF関口訓充が、選手を代表して慰霊碑に献花。昨年4月、6年ぶりにベガルタへ復帰した33歳のベテランは「久しぶりに被災地に来ることができた。まだまだ復興に時間がかかっている。少しでも力になりたい」と決意の表情。震災当時のチームを知る選手の1人は「子供たちが笑顔でいてくれることが希望の光。今季は常に上位争いをして、タイトルを取りたい」と意気込んだ。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ・関口、慰霊碑に献花