2018.12.31 16:34(1/7ページ)

2018年日本代表総括…現場記者が裏話交えハリル解任、西野J、ロシアW杯を回顧

2018年日本代表総括…現場記者が裏話交えハリル解任、西野J、ロシアW杯を回顧

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
2018年日本代表総括…現場記者が裏話交えハリル解任、西野J、ロシアW杯を回顧

2018年日本代表総括…現場記者が裏話交えハリル解任、西野J、ロシアW杯を回顧【拡大】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の解任からロシア・ワールドカップ(W杯)での奮闘、そして森保ジャパンでの新たなスタート--。2018年も多くのサッカーファンが日本代表の戦いに一喜一憂した。

 『Goal』では、日本代表を長年取材する北條聡氏、飯尾篤史氏、川端暁彦氏という3名のサッカーライターに、2018年のサムライブルーを総括してもらった。「ロシアW杯」「森保ジャパン」「アジアカップ2019」という大テーマをもとにした鼎談(ていだん)の模様を前編・中編・後編としてお届けする。

 前編では、ハリルホジッチ氏から西野朗氏への監督交代、そしてコロンビア戦を皮切りとしたW杯での躍進、決勝トーナメント1回戦でベルギーに屈した一戦を改めて振り返る。

 ■ハリルホジッチ解任の衝撃

 飯尾:まずはW杯前、ハリルホジッチ監督が解任されたところから振り返りましょう。3月にマリと引き分け(1-1)、ウクライナに敗れて(1-2)、JFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長は指揮官解任という決断を下しましたね。当時の率直な感想は?

 北條:最初はさすがに驚きましたね。ただ、田嶋会長はよく決断したなと。あのタイミングで解任となれば、本人への謝罪はもとより、違約金、後任人事の調整など、多くの仕事をこなさなければならない。さらにW杯で結果が出なければ任命責任も厳しく問われる。保身に走るなら、むしろ避けたい決断でしょう。これだけのリスクを負ってもなお、決断しなければならない理由があったということですね。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 2018年日本代表総括…現場記者が裏話交えハリル解任、西野J、ロシアW杯を回顧